もたもた実況プレイブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ニコ生高画質モード使用方法

詳細については公式HP上にあるやり方でできます。
ニコ生公式HP→http://help.nicovideo.jp/live/2010/04/post-46.html

一応このページでも簡単に紹介させていただきます。





<必要ソフト>
Adobe「Flash Media Live Encoder」(通称FME)
・各種キャプチャーソフト

1・FMEをダウンロードする
Adobe公式HPから「Flash Media Live Encoder」をダウンロードする。(要ログイン登録)
Adobe公式HPへのリンクはこちらをクリック

2・FMEを解凍・インストール

3・配信する
ニコ生配信用ページの右側タブにある「高画質配信」タブを選択

画像の四角で囲われている部分をクリックしてダウンロード


「番組を開始する」で放送開始


「FME」メニューバー左上の「File」「Open Profile」で先ほど保存した「Xmlファイル」を読み込む


「FME」下の「Start」で外部プレイヤーの配信が完了。
あとは通常通り配信しておk。

簡易版・その他細かい方法については、公式ページで確認してください。

4・配信時によくあった(自分が聞かれた)トラブル
<画像が表示されない>
・下画像の赤い四角部分の「デバイス」「使用しているキャプチャーソフトになっているか」を確認
・同時にキャプチャーソフトが起動しているかを確認

<画像が固定されたままで、配信したい画面にならない>(SCFHでよくありました)
・SCFHを起動した際に「Refresh」ボタンを押す
・表記内に「Flash Media Live~」と表示されたら、選択(FMEが起動している状態でないと出てきません)
・後はSCFHの基本操作で、問題なく配信できます。

<音が出ない>
・赤い四角の隣が「音声(Audio)」の設定になっています。
・マイク等のデバイスが選択されているかを確認
・デバイス欄右側のスパナの様なものをクリック(設定アイコンです)
・ステミキになっているか確認



以下は、個人的な設定です。
<音声の設定>
「Channel」「stereo」を選択
・フォーマットは「Mp3」でおk
・Sample Rateは周波数の話なので詳しくはわかりませんが、私は通常音楽を聴く時と同じ「44100khz」で設定しています。
「bit rate」は音質です。ここが低いと「土管の中で喋ってるみたいだ!!」とか指摘されます。
なので、音質にこだわらなければ構いませんが、ゲーム配信などを行う場合にはある程度の設定はしたほうが良いでしょう。
ちなみに自分は「128」で固定しています。
稀に音声が重要なゲーム(声優が喋ったり、アドベンチャーやSLGなど)の場合には192などに変えます。
・音量バーが更に下にあります。
ココが下がっていると、ステミキなどの音量も自動的に下がったり、上がったりします。
なので、音量は最大にしておいて、他の項目で細かく音量は設定してます。

<ビデオの設定>
特に大きく設定をいじるところはありませんが、「Video」の下の部分に「bit rate」という項目があります。
ココが画質をいじる場所です。

ココを上げると画質が上がりますが、その分「ラグが発生しやすくなります」
公式的に「音声と映像のbitrateの合計値が384以下」に設定する事を推奨しています。
検証していますが、384以上でも配信はできます。

サーバー負荷もそうですが、何よりも映像と音声がかみ合わなかったり、コメントが流れてこないなどのラグ現象が発生しやすくなります。

ちなみに自分が検証したところで、「映像400・音声192:計592」でやったところ
最大で10~20秒以上のラグが発生した時もありました。
なので、画質が良いからと言って、むやみに高画質配信にするのはオススメしかねます。

【感想的な部分】
ゲーム配信をやる方には非常にオススメです。
これまで、ニコ生で配信した場合いわゆる「ゲル画像」で、文章がつぶれた状態やキャラがつぶれた状態でなければ、
配信できなかったのに対し、
「おおよそエコノミー動画並の画質でヌルヌル動く」位に改善されます。
画質があがると「カクカクした動きをしていた」配信状態に比べたら、見ている側はかなり見やすくなります。
そういった意味ではオススメです。

ただ、複数ソフトを起動しなければならない為、かなりPCに負担がかかります。
なので、よほどスペックの高いPCでないのならば「スカイプチャットをやりながら配信など」にはオススメできません。
スポンサーサイト

| お願い・ルール 他 | 13:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kuraimotamota.blog129.fc2.com/tb.php/72-167fb3cc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。