もたもた実況プレイブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

どげんかせんといかん!!「宮崎口蹄疫事件」2

未だに猛威を奮っている宮崎県の「口蹄疫(こうていえき)」
発生から既に20日以上経過し、5/15時点での殺処分数は遂に
8万頭を突破しています。
にも関わらず、関東を拠点にしている在京TV局や各種の報道関係の取り扱いは
ほぼ皆無と言える状況。
関東在住の人(自分を含め)には、インターネットからもたらされる情報だけが、
唯一の情報獲得の手段になっているという、ある意味で首都圏とは思えない様な
状況とも言えますね。

さて、そんな中、先日(5/15付)、東国原宮崎知事がツイッター上で
「大変なことになった」
と発言しています。
その後の状況が伝わらないので、未だに正確な情報はありませんが
「現時点においての最悪のシナリオが展開されている可能性が高い」ということで、
ネット上で、騒ぎになっています。

情報を見てみましたが、いかんせんmixi上の日記によるものだけです。
知事の今後のツイートに注目してみたいと思います。

また、mixi上の日記においては以下の様な日記があります。
http://livedoor.2.blogimg.jp/hanagenuki-jet/imgs/d/1/d16607d1.png
http://livedoor.2.blogimg.jp/hanagenuki-jet/imgs/c/a/caecf553.png

涙が流れるくらい悲惨な状況です。
もちろん、どこまで信用するかは読んでくれている皆様方次第ですが、
こういった状況も今現在ならありえるということです。
8万頭という膨大になった殺処分数。
川南町の既に半分以上、3/4は確実に牛や豚は殺されています。
この時点で、川南の基幹産業でもある「畜産」は壊滅です。

「たら」「れば」を言っても仕方が無い状況ですが、
「もしも、政府がもっと早く対応に動いてくれたら・・・」
「政府が韓国の口蹄疫が発生した時点で消毒薬の手配をしていれば・・・」
「波打ち際で、防疫できれば・・・」

批判はこの際今の政府は受け入れて戴きたいものです。
その上で、
宮崎県民全員に土下座しての内閣の奴等全員辞めてしまえ!!
と言ってやりたい。

このmixi日記によれば、イギリス政府が動いてくれているようです。
どうして、国内の政府ではなく、国外の政府が動いているのか意味が分かりません。
どこが県だけの問題なのでしょうか??
外交の問題、既に国家の問題になっているでしょうに。
小沢民主幹事長の発言の程度の低さが良く分かりますね。
さすがです。

今回の事件に際し、義援金活動が活発になってきました!!
記事→
http://mainichi.jp/area/miyazaki/news/20100515ddlk45040621000c.html
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/miyazaki/news/20100515-OYT8T00958.htm

mixi内より「ムッチーさんの牧場・尾鈴農協(川南町)」→
郵便局
川南町のムッチー牧場
口蹄疫災害見舞金を募る会
(記号) 17310   (番号) 3609971
カワミナミチョウノムッチーボクジョウコウテイエキサイガイ
ミマイキンヲツノルカイ

この口座を他金融機関からの振込の受取口座として利用される際は
次の内容をご指定ください
(店名) 七三八 (読み ナナサンハチ)
(店番)738 (預金種目)普通預金  (口座番号)0360997 

JA尾鈴  尾鈴農業協同組合 本所

店舗番号 9203-001  口座番号  0088820

川南町のムッチー牧場口蹄疫災害募金 代) 弥永睦雄
(日記一部を転載)
ムッチーさんのHP(川南町で牧場を経営されている方のブログです)→
http://green.ap.teacup.com/mutuo/

とにかく出来る事、やれる事は限られてくるとは思いますが、
お肉好きな私としては国産牛が食べられないなど嫌です。
理由は単純かもしれませんが、重要な問題だと思います。
最終的には国の死活問題になります。

話は少し変わって、今回の「口蹄疫」
日本国内では10年振りということです。

法廷疫病として扱われる「口蹄疫」は、
完全に沈静化するまで、経過を見なければならない
ものです。
どういうことかと言うと、ウィルスに感染した牛や豚などが完全に0になるまで経過を観察して、
いなくなった時点で、終息宣言が出されます。
なので、今回の件は別の国からやってきたウィルスというのが、
今現在においての確実な情報です。
その理由が、感染力の強さです。
10年間も潜伏する様なウィルスではないのは、今回の事件で一目瞭然です。
1日4000頭が殺処分になるくらいですから。

では、一体どこからどうやって来たの??
その答えをイギリスの研究機関が発表しています。
西日本新聞→http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/170558

よくこの事件で「発生元は香港である」との報道がなされます。
間違ってはいないでしょう。記事によれば99%同様のものであるとの見方が出ているので、
疑いの余地は無さそうです。
ですが、一つ気になる情報が。
「韓国で既に口蹄疫に感染している牛舎の人間が、宮崎県のある牛舎で研修を行った」
「受け入れ元となった農家は、最初は拒否」(まぁ当然)
「民主党のとある議員による圧力によって仕方なく受け入れ」(え?)
「口蹄疫発生、殺処分8万越え」(←今ココ)
海外からの流入以外、発生する要素が無いのは先述していますので、
原因の争点の一つが「どこから入ってきたか??」ということ。
さて、どちらから入ってきたんですかね??
どちらを信用するかは、皆様次第ではありますが、はっきり言って信じられません。
危機管理は現場の人間のほうがしっかりしていたと言う事ですね。

<追記>
こんなことで遊んでる暇があるなら、さっさと宮崎行って来いよ??


どう見ても自演じゃねーか。
ガキじゃないんだから、三文芝居に興味ないよ。仕事しろよ。
診断書でも、レントゲンでも提示して国民に理解を求めれば??
当然、民主・自民とは別の第3者が紹介した病院でやってね。
スポンサーサイト

| 独り言 | 10:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kuraimotamota.blog129.fc2.com/tb.php/71-d3899d67

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。