もたもた実況プレイブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

mixiにもアップしたけど大反対!!



東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイト
http://mitb.bufsiz.jp/

表現規制について少しだけ考えてみる(仮)
http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-800.html
同サイト反対意見参考例ページ
http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-787.html

夏目房之介の「で?」
http://blogs.itmedia.co.jp/natsume/2010/03/post-f4a0.html

さて、上記にあるのは各種反対意見や反対に関する運動についてまとめた動画やサイトを掲載してあります。


で、今回のこの問題、
もちろん、こんなミクシィ程度の日記で反対意見が通るとは思いません。

が、一個人として正直有り得ない条例と思っているのは確かなため、日記に上げました。


今回、ネット上などで争点になっているのは

「非現実青少年」

要するに
「見た目は子供だけど実年齢は大人」(例:萌アニメと呼ばれるものほぼ全般etc)
「見た目は大人だけど実年齢は子供」(例:各種グラドル、アニメ全般etc)
というネタにすらならない下らない造語。

要するに「見た目も、実年齢も18歳未満にしか見えない人」をさします。
だったらそう書け。

正直言って、この法案を通そうとする人たちの「かく乱行為」としか思えない言葉です。

で、規制となるものは、上記の人物や内容が
性的描写(例:キス・胸を露出する・下着をを露出するそれ以上の表現etc)
暴力表現(例:殴る・蹴る・斬る・撃つなどの行為全て)
が行われるモノは全て規制対象とする内容。

条例文章内ではアバウトな表現しかしていないですが、そこが穴。
条例は基本的にアバウトに表現させます。それによって、効果範囲を広げるという解釈が行えるからです。


で、個人的に思ったのは
「じゃあ学校の教科書に載っている内容も当然規制対象なんですよね??」

例えば戦時中の内容のもの。
戦争は無くさないといけません。
しかし。例えば「はだしのゲン」や「ほたるの墓」の様に
「公然と戦争を批判した内容のもの」
これも表現の過激さから「有害指定」とされますね。

同様の理由で、家族におなじみ
「ジブリシリーズ」でも
「紅の豚」や「風の谷のナウシカ」など
子供との喧嘩シーンがあるもの・下着が見えるものは、
当然規制でしょう。

しかも言うに事欠いて、有識者会で「アニメオタクは障害者」といった内容の発言もあったそうです。
こんな人たちに自分の子供の教育を任せたいですか??

自分ならお断りします。
世界的にも認められているコンテンツに対し、敬うどころか
けなす態度を取る様な人たちに、自分の子供の教育が、ましてや他人の子供の教育ができるとは到底思えません。

しかも規制対象はアニメに限らず
全てのメディアコンテンツ「小説・TV・雑誌・漫画etc」が対象です。

東京都に本社を置く出版社やメディア関係者も多いことでしょう。

各種メディアも都の情報規制の関係からか、
あまり大々的には報じていません。(日テレの情報ライブミヤネ屋で一部報道されていました。)
違憲ではないかという感じの報道だったかと思います。

しかも反対意見を躊躇する理由に

「子供が関わっているから・・・」

関係ないでしょう??
何でそこで子供の教育とかいう発言が出てくるのか謎です。
しかも、どうせこの有識者会議に出てたPTAやら大学教授たちは子供に普通に「少女コミックや少年マンガ」を見せているのでしょう。

だったら、今ある映画や本を全部東京都から叩き出してみろと言いたい。
間違いなく損をするのは東京都なんだから。

民法各局のドラマも当然恋愛モノは無くなるし、バラエティーでも下ネタ・エロ表現はNGになります。

誰がそんなもの見たいんですか??
仮にこの日記を見ている親御さん方(特に都内在住の方)はどう思っているんでしょうか??
この条例に賛成なんですかね??

確かに、影響を受けて間違った方向へ行くのは良くないです。
ですがわざわざ条例で縛り上げるほど重要なものでしょうか??
むしろ縛り上げて自由を奪い取ろうとするから、現実感が削がれるんではないのでしょうか??
しかも、そういったものからも得られる物はたくさんあるでしょう。
一部の描写がどうあれストーリー全体の軸になるものは非常にすばらしい作品が多いです。

よく「本(小説の様な活字物)を読みなさい」と言います。
その中には柔らかい表現とはいえ、普通にエロ描写や暴力表現が書かれています。
(光源氏や太宰治など有名文豪の作品には大抵いくつかあります)

この有識者方は18歳未満の子供には絵本を読ませて教育したいんでしょうね。
違憲立法を放置するメディアや議員には辟易です。

反対立場を取られている議員の皆様には、強い期待を寄せておきたいと思います。

もう何かこうゆうばかげた法案出すのって大抵都議会の人たちだな。
障害者なのはむしろ賛成とか抜かす都議会議員なんじゃないか??

ひどすぎます。
スポンサーサイト

| 独り言 | 01:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kuraimotamota.blog129.fc2.com/tb.php/63-dc0d7a75

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。